指導者紹介

世田谷区と文部科学省のライセンスを取得し、地域クラブを作り卓球を教えていました。体育指導委員(現 スポーツ推進委員)の頃、HFSCCの立ち上げに興味を持ち、卓球クラブの指導員となりました。近頃は、大会に選手としての参加ではなく審判をすることが増えてきました。
指導にはコミュニケーション(仲間作り)、基本の技術とマナー、ルールを身につけることに重点をおいています。会員それぞれのレベルが違うので、同時に指導するのは難しいところがあります。それでも子どもたちは素直で覚えが早いので、成長していく姿がとても楽しみです。

  • 写真①(齊藤 直先生) 鈴木 静香先生

クラブ概要

卓球は競技年齢の幅が広いので、下は幼稚園児から上は90代の方でも活動できます。年齢性別に関係なく、だれもが一緒に楽しむことができます。
基礎練習としてラリー、サーブ、スマッシュを練習します。ラリーは長く続くと楽しいですよ。サーブやスマッシュは決まると気持ちが良いものです。基礎練習のあとは、試合形式の練習。ダブルスの練習もします。
基本のフォームと技術、ルールを身につけることはもちろん、子どもたちには挨拶やマナーも指導しています。東深沢中学校卓球部の生徒と一緒に練習をすることもあります。
卓球好きならいつでも大歓迎です。さわやかな汗を流しながら、いっしょに仲間づくり、体力づくりをしましょう!

練習風景練習風景
練習風景練習風景
練習風景練習風景
練習風景練習風景
練習風景 練習風景
練習風景
練習風景
練習風景
練習風景
練習風景